これってスソガ?パートナーが気が付くその瞬間と臭い

スソガとは

スソガとは陰部からワキガ独特の臭いを発生させる陰部のワキガだと考えられます。

スソガの臭いと対策について詳しく紹介したいと思います。

スソガとは

スソガはいわゆる「すそのわきが」を略した言葉で原因は陰部の汗腺だと言われています。

陰部にはエクリン汗腺とアポクリン線という2種類の汗が出る線があり、エクリン汗腺から出る汗はもともと無臭であることが多いのですが、皮膚表面の雑菌と混ざり合わさることで参加されて鼻にツンとくるような独特な臭いになります。

しかしこれは「普通の汗臭さ」と一緒のものでスソガというほどではありません。

これにアポクリン汗腺から出る汗が皮膚表面の雑菌や皮膚脂と混ざることで独特の悪臭を発生させます。

つまりワキガのような独特の臭いの原因はこのアポクリン汗腺によるものだということができて、この量は遺伝で決まると言われています。

問題なのは自分だけでなくパートナーや他の人にも迷惑をかけることです。

スソガの臭いは?

特に普通の陰部の汗臭さは「すっぱい」ような臭さですが、
このような汗くささとは異なり「玉ねぎ」、「鉛筆の芯」、「納豆「のような独特の臭いがします。

さらに蒸れると臭いは強烈になるので注意が必要です。

基本的には露出が多い服を着るときや汗をかくとき、運動をするときなど臭いがわかりやすくなりますし、常に身近にいるパートナーにはばれると考えておいて方が良いです。

また重症になってくると下着に黄色いおりもののようなものがつき、徐々に量が多くなってきます。

こうなると臭いは自分でも分かるくらい強烈なものになってくるので当然パートナーにも気づかれます。

スソガになりやすい体質としては、

  • 元々ワキガ体質であったり
  • 下着が黄ばんでいたり
  • 異臭を自分で感じている

ことが挙げられます。

この3つ全てに当てはまれば高い確率で疑いを持ってもおかしくありません。

臭いは多少臭いくらいなら自分では気づかないかもしれませんがこれくらいの強烈な臭いになってくるとほとんどの人がある程度自覚をし始めます。

スソガはパートナーにバレる?


そして自分で気がついているということはパートナーも当然気がついているということになります。

パートナーだけでなく家族や他の方にも当然不快に思われている可能性はありますが、他の人とパートナーで何が違うかというと性行為があるかどうかという点です。

パートナーになると多くの場合は性行為があると思いますが、スソガになっているところから強烈ですっぱい臭いがします。

では治すことはできないのかというと、普通のワキガと違い対処しにくい箇所であるため完治することは難しいです。

しかしマシにすることはできますし、パートナーや周りの方に迷惑をかけないようにすることはできます。

洗い方

まず1つ目の方法は洗い方に気を付けるということで、陰部を雑に洗ってしまうと強烈な臭いがしっかりと消えないだけでなく、石鹸の成分まで残ってしまいます。

肌荒れや新たな悪臭の原因になることがあるので注意が必要です。

コツは?

洗い方のコツは、石鹸をしっかりと泡立てて指の腹を使って性器のシワの部分までしっかりと洗うことを心がけましょう。

そしてシャワーだけでなくしっかりと湯船につかることもおすすめします。

より長い時間を費やしてお湯に入ることで陰部の汚れや雑菌を洗い流すことができるので必ず実践するようにしましょう。

下着は清潔に

続いて挙げられるのが衣類を清潔に保つことです。

よく誤解されやすいのが臭いのする根元のところが一番臭いと思っている人が多いことですが、実は衣類など実際に肌に身に付けているものもすごく臭いです。

菌はじめじめとした場所ほどよく繁殖するので、通気性の悪い下着を身に付けているとその分臭いがこもって臭くなります。

衣服の臭いをなくすための方法として1つ目に挙げられるのが、衣類のナかで臭いを発生させない方法です。

これはすっぱい臭いの成分に香料が含まれていることを逆手にとってこの金の発生を防ぐ商品で洗濯をすることをおすすめします。

また一番効果的なのが皮膚を切開して臭いの原因となっているアポクリン汗腺を取り除いてしまう方法です。しかし体にかなり負担がかかるのと保険対象外であるため費用はかなり高額になります。

その他にもアポクリン汗腺がある毛穴に高圧の電流を通して汗腺を固まらせて汗が出ないようにする方法もあり、完全に汗が出なくなるわけではないですが、汗の分泌機能が低下することで臭いを減らす効果が期待できます。

どの方法で臭いを軽減するかは自由ですが、これらの対策はパートナーに対するエチケットでもあり、パートナーにとっての臭いへのストレスを軽減するために努力する必要があります。よく「スメルハラスメント」という言葉があるように自分は悪気がなくても相手に不快な思いをさせることがあります。

しかし好きだからこそ一緒にいてくれているのだと思いますが、我慢をされているのはパートナーにとっても辛いことです。最愛のパートナーのためにも自分のできるケアを怠らずに対策していくことが大切になってきます。

スソガだったら、わきがもあるかも?その理由と臭いの原因

スソガとは、陰部の汗が強いニオイを放つ症状のことで、実はワキガの一種です。

これは、アポクリン腺という汗腺から分泌された汗が、毛穴周辺に生息している常在細菌に分解されたことにより、ニオイを放つ物質が生産されてしまうことが原因となっています。

なお、アポクリン腺の分量には個人差があり、多い人ほど強いニオイを放つことになります。

ワキガとスソガの関係は?

ちなみに、欧米ではアポクリン腺由来の体臭に関しては個性として認識されていますが、これは分量が多い人が多数派を占めているということが関係しています。

これとは逆に日本の場合は、アポクリン腺の分量が少ない人が圧倒的に多数派であり、ワキガと呼ばれる状態は全体の10パーセント程度と考えられています。

このために、必要以上に目立ってしまい、ニオイが特に強い場合は腋臭症という疾患として認識されます。

この腋臭症に対しては、皮膚科や形成外科が専門となり、健康保険が適用される保険診療を受けることが出来ます。

ワキガの場合は、脇の下の皮膚をメスで切り開き、アポクリン腺を除去する手術療法により根本的に解消できます。

これに対して、スソガの場合は、かなりデリケートな部分ということで、治療による改善は難しいと考えられてきたのですが、現在では医学の進化により可能となっています。

ただし、かなり専門的な内容となるので、全ての医療機関で実施しているわけではありません。

皮下組織削除法

まず、最も一般的なのがワキガ同様にアポクリン腺を除去する皮下組織削除法という手術療法です。

これは、陰部の皮膚をメスで切開して、ニオイの原因のアポクリン腺を取り除くという内容です。

皮膚を数センチメートルほど切開した後に、カミソリとローラーを合体させた器具で、皮膚の裏側にあるアポクリン線を取り除いていきます。

この方法は施術を行うドクターが目視しながら取り残しが無いように除去するので、かなりの確率でニオイを軽減することが出来ます。

しかし、部位が部位だけに完全に除去することは難しいので、無臭になるということはありません。また、手術を行った部分の皮膚が硬化するというデメリットも報告されています。

この皮下組織削除法よりも簡単に実施できるのが、美容クリニックなどで行われている超音波吸引という治療法です。

これは、名前が示している様に超音波で行う手術方法で、陰毛が生えている一番上の左右に、5ミリメートルほど切り込みを入れて、そこから超音波メスを挿入して動かすという内容です。

これにより発生した熱の力でアポクリン腺を破壊し、その後これを吸引するという流れとなります。

この超音波吸引という治療の方法は、皮下組織削除法よりも簡単なうえに値段も安いということが魅力とされています。

一方、デメリットとしては、期待できる効果がさらに少なくなるということです。

つまり、症状を軽くする程度で、根本的に解消できないということになります。

このために、現在のスソガへの対応は、手術療法以外のアプローチが主流となっています。

ビューホット治療

その中で、特に効果的と評判を集めているのが、ビューホット治療というメスを使わない方法です。

このビューホット治療は、日本で考案された治療法で、2014年の8月からクリニックで実施されるようになっています。

具体的には、局所麻酔や無痛麻酔をデリケートゾーンに行った後で、細い針から出る高周波を照射してアポクリン腺を破壊するという内容sです。

なお、施術にかかる時間は一般的な範囲であれば20分から30分程度で終わりますが、範囲が広い場合は60分程度かかることもあります。

手術後の反応は、皮膚が少し赤くなる程度です。

また、1週間程経過すると、針の部分に小さなカサブタができることもありますが、ダウンタイム自体は非常に短時間です。

手術の翌日からシャワーも大丈夫で、回復までにかかる期間は短く、処置のために通院する必要が無いということも魅力です。

この治療を受けた内の実に95パーセント以上の人が完全に症状がなくなったと報告しており、従来までの方法とは比較にならないほどの高い治療効果が発揮されています。

また、ビューホット治療はスソガが再発する可能性が低いと云う点でも注目されています。

ボトックス治療

さらに、この方法と共に簡単にニオイを軽減できるということで、美容クリニックで行われているのがボトックス治療です。

これはボツリヌス菌から有効成分のみを抽出して注入するという内容で、神経伝達物質のアセチルコリンを抑制することにより、汗自体を防ぐという内容です。

このボトックス治療はスソガ自体を改善することはできませんが、根本的な原因の一方を抑制するので、ニオイを軽減するという意味では非常に有効です。

ただし、一度の施術で効果が持続するのは5カ月から6カ月程度であり、期間を過ぎれば再びニオイが回復することになります。

このように、スソガの治療法は複数用意されており、症状によって適当な方法は違ってきます。また、保険診療以外の治療法は医療機関によって費用は異なっているので、事前の確認も必要となります。

スソガかも?今すぐわかる5つのセルフチェック


スソガとは性器周辺のワキガのことを指します。

性器周辺に独特の刺激臭がある人をスソガ体質といったりもします。

俗称ですので病名ではありませんが、体臭で悩む人にとってはなんとかしたい体質であることに違いありません。

周りの人も気づいていたとしても非常にデリケートな問題であるためなかなか指摘しづらいのが現実です。

もちろん過剰に意識する必要はありませんが、セルフチェックによって未然に防げたら安心ですのでぜひ一度確認してみると良いかもしれません。

スソガのチェック項目

①ワキガである
②耳垢がベトベト
③パンツが黄ばむ
④彼氏・彼女に匂いを指摘されたことがある
⑤陰毛が剛毛

以上の5つです。

これに全て当てはまった方はスソガの可能性が非常に高くなります。

それでは、それぞれについて細かく見ていきます。

①ワキガである

まず、①のワキガであるについてですが、そもそもスソガは「スソのワキガ」という語源からわかる様にワキガの一種であり、陰部であるために特にスソガと呼ばれるのです。その原因もワキガと同じため、ワキガであれば陰部も独特の臭いを発している可能性が出てしまうのです。

では、ワキガの原因とは何でしょうか。

それは、汗腺にあります。陰部の周辺にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺と、皮脂腺という皮脂が出る腺があります。

エクリン腺から出る汗はもともと無臭なのですが、皮膚の雑菌と混ざることで酸化され酸っぱい臭いに変ります。

これが一般な汗臭さとなります。

しかしながら、アポクリン腺から出る汗は皮膚表面の雑菌や皮脂と混ざるとエクリン腺の汗とは異なり独特な異臭を発生させます。

それがスソワキガと呼ばれる症状となるのです。

スソワキガになる人とそうでない人の違いはこのアポクリン腺の数にあり、数が多い人ほどスソワキガになりやすい体質であるということです。

またアポクリン腺の量は遺伝で決まるといわれているため、両親のどちらかがワキガの場合は症状が出やすい体質ということなので注意が必要です。

②耳垢がベトベト

次に耳垢について説明します。

耳垢もまた個人の体質をよく反映しているため、耳垢がどのような状態であるかによってスソワキガになりやすい体質であるかが判断できるのです。

なりやすい体質の人の耳垢は、湿っていて粘性があり柔らかいという特長があります。

医学用語では軟耳垢という表現がされます。

実は、この体質になる原因もまた汗腺が深く関わっています。

ワキと同様に耳にもアポクリン腺があるためにアポクリン腺の分泌量が多い人は耳垢がやわらかく粘り気を帯びているのです。

人によっては耳垢から臭いがするという人もいるようです。

耳垢が湿っているひとが全てワキガでありスソワキガであるというわけでは決してありませんが、なりやすい体質ということですので耳掃除のついでに耳垢をチェックしてみるのは手軽にできるセルフチェックのひとつでしょう。

③パンツが黄ばむ

続いてパンツの黄ばみについてですが、これもまたアポクリン腺と関係があります。

アポクリン腺から出る汗には色素成分も含まれているため、下着が黄ばんでしまいます。

女性の場合はIライン付近、男性の場合は陰嚢付近が黄ばみます。

もちろん尿や女性であればおりものによっても黄ばみが付いてしまうこともありますので、必ずしもスソワキガというわけではありません。

女性は下着では判りにくい場合、コットンを縦長に切りIライン部分のみに肌に優しいテーピングで固定して1日過ごして確認する方法もあります。尿道や膣穴部分ではなく、Iラインも毛が生える部分に貼るようにするのがポイントです。

お風呂に入る前にコットンを取り外し黄ばみや臭いをチェックして、黄ばみや独特の臭いが見られる場合はスソワキガの可能性が高いといえます。

④彼氏・彼女に匂いを指摘されたことがある

そして、パートナーから隠部の臭いを指摘されたというチェック項目ですが、これは指摘されてショックを受けることもあるでしょう。

しかし、相手もまた言い難いことを勇気を出して伝えてくれたのですから教えてもらえたことに感謝してすぐに改善できるように取り掛かりましょう。

⑤陰毛が剛毛

最後に陰毛の性質とスソワキガの関係についてです。

これはスソワキガの対処法にもつながるチェック項目です。

陰毛が剛毛体質で下着の中が蒸れてしまっている場合、雑菌が湿気により繁殖しやすくなっています。

雑菌の繁殖はスソワキガの独特な悪臭の原因となるため剛毛の人は湿気がこもりやすいのでスソワキガになりやすい体質といえるのです。

しかしながら、これについては陰毛を正しく処理することで湿気をこもらせることなく雑菌の繁殖を防ぐことができます。

もちろん根本解決にはならず、繁殖してしまった雑菌を減らしていくためにはその後のケアも重要になってきます。

陰毛を一度処理したからといって気を抜かず、制汗作用と殺菌効果のある専用クリームを併用するなどして治していく必要があります。

以上のように、スソワキガと個人の体質はとても密接に関係しているため、自分の体質をきちんと理解し日頃からのセルフチェックを行うことで気持ちの良い毎日を過ごすことができるのです。

スソガとわかったらすぐに始めたい対策とコツ

陰部周辺は非常に嫌な臭いがしますが、これはスソガによるものです。

陰部自体から臭いが発生するわけではなく、股の部位にあるアポクリン汗腺から発する汗が臭うのです。

ワキガの臭いが強いのと同じく、エクリン汗腺による体臭の3~5倍は臭います。

耳垢が湿っている方、ワキガ臭が強い方などは、スソガの臭いも強くなるので対策が必要でしょう。

鼻から下半身までは距離があるので、ワキガほどは自覚しにくいですが、実際は同じくらい臭っていると考えられます。

デリケートな部位ではありますが、パートナーがいるならぜひ対策しておくべきでしょう。

自分で実感している数倍の臭いをパートナーは感じているはずです。

人間は自分の臭いには鈍感になりますから、実際の体臭はもっと強いものだと考えておくべきでしょう。

トイレの臭いを例にしても、自分より他人の臭いのほうが何倍も強いでしょう。

自分のトイレの臭いは他人より弱いと錯覚している方は多いですが、実際は同じ程度の臭いを発していると考えてよいです。

普段気に留めていない部位こそ、臭いが強いかもしれないと疑ってみるべきでしょう。

スソガ予防:清潔

スソガ対策で一番大切なのは、常に清潔にしておくことです。

清潔にして雑菌の繁殖を抑えれば、臭いを抑えることができます。

無臭状態を維持することが最大の体臭対策となるのです。

ひとたび臭いが発生してしまうと、デオドラントを使用しても無臭化することはできません。

悪臭のある状態でデオドラントを使用しても、香水でごまかすような効果しか期待できません。

常に無臭にするためには、発汗をいかに抑えるかが重要となります。

発汗量が多いほど雑菌繁殖も増えてしまうので、発汗コントロールが大切となります。

そのためには制汗作用の高いデオドラントを使用していく必要があります。

ただ、ワキと比べてもよりデリケートなので、ヒリヒリとするデオドラントは避けるべきでしょう。

清涼感のあるタイプは、体臭予防効果が高いように思えますが、実際には清涼感と体臭予防に関連性はありません。

市販のデオドラントの多くはメントール系の清涼感がありますが、これは使用感をよくするために配合されている添加物です。

大切なのは毛穴から出てくる汗をいかに抑制するかであり、スソガ対策のデオドラントではパウダータイプが効果的です。

クリームは意外と汗に弱いので、夏場だと2~3時間で落ちてしまうことが多いです。

ただ、パウダータイプなら何でもよいわけではなく、肌にしっかりと付着してサラサラを維持してくれるタイプでないといけません。

安すぎるデオドラントはノリが悪いので、すぐに制汗・消臭成分が落ちてしまいます。

持続効果を期待するならば、価格帯は1,000円クラスのものがいいでしょう。

高いものにはワケがあると言われますが、これはデオドラントにも言えることです。

市販のデオドラントでも高い消臭効果を期待できるので、色々と試して自分に合ったものを探していきましょう。

3日使用して実感できないものは、自分に合わないと考えて間違いありません。

デオドラントは即効性があるものであり、使用すればその瞬間から効果を実感できます。

数日使ってもスソガが解消しない、肌がヒリヒリするといった場合は使用を中止しましょう。

1週間ほど何もつけずに肌を休ませてから、今度は別のデオドラントを試してみるべきです。

スソガ予防:食生活


悪臭の原因には食事内容も関係しており、肉類やジャンクフードをよく食べる方は体臭が強くなりやすいです。

食生活が欧米化している方は、日本食メインに変えていくべきでしょう。

欧米人は体臭が強いと言われますが、これも食事内容が一番影響しているのです。

日本食はあっさりした低カロリー食材が多いので、脂肪の摂取を抑えることができます。

皮脂分泌が増えすぎると体臭が強くなるので、肉よりも魚を食べるように意識しましょう。

魚由来のDHAやEPAは血液をスムーズに流れるようにし、さらに老廃物の排出も促してくれます。

これは体臭対策としても効果的であり、魚をよく食べる方の体臭は弱いのです。

そのほか野菜や果物、海藻なども体臭を抑えるために役立ちます。

スソガ予防:入浴後


スソガの臭いを抑えるためには、入浴後のケアが大切となります。

まだ清潔な状態でデオドラントを塗っておき、通気性のよい衣服を着てから眠ってください。

就寝中に下半身に汗がこもると、臭いが発生しやすくなるのです。

通気性のよいトランクスなどを履いて眠ると、朝までサラサラと快適です。

デオドラントは基本的に1日1回の使用でOKですが、汗をかいた状態で使用しても十分な効果は得られません。

乾燥した状態で使用する必要があるので、入浴してから30分後くらいが適切でしょう。

部屋の湿度はややドライにしておき、体の蒸れを防ぐようにしてください。

夏場は水分補給が大切ですが、飲み過ぎると発汗量を増やすことになります。

就寝前に水分を摂るなら、コップ1杯程度に抑えておくべきでしょう。

発汗を抑えるためには、汗の材料となる水分調整も必要なのです。