出産すると臭いがきつくなる?もしかしてこれってスソガ?

スソガとは、性器周辺にあるアポクリン腺から出る汗が雑菌の繁殖を勧めてしまうことで臭いを発生させてしまうことです。
水分や塩分が汗の主成分であるエクリン腺に比べて、脇や性器周辺にあるアポクリン腺から出る汗は脂質や糖質、たんぱく質やアンモニアなどの成分を含んでいるために雑菌が繁殖して臭いが発生しやすくなるのです。
特に、出産を機に臭いがきつくなってスソガではないかと不安になっている人も多いのではないでしょうか。
以前はそれほど汗の臭いがきつくなかったのに、出産が終わった途端に臭いが気になるようになったり旦那さんが指摘されるようになったという人もいることだと思われます。
女性は妊娠すると、赤ちゃんの体を育てるために女性ホルモンの分泌が普段の時よりも過剰になります。
それに影響しておりものが増えたり、赤ちゃんをお腹で育てるために体の免疫力が低下することで感染症にもかかりやすくなるので、性器周辺で雑菌が繁殖して臭いが発生しやすくなることも考えられます。
そして、妊娠によってホルモンバランスの分泌が過剰になり、ある意味普通の状態に比べて乱れている時期でもあるため、ホルモンバランスの乱れはアポクリン腺を活発化させてしまう作用もあるとされています。
特に、妊娠中は臭いにも敏感になるので余計にスソガなのではないかと気になってしまう人もいることでしょう。
中には、一度気になってしまうとそのままずっとコンプレックスとなって残ってしまい、今度は周囲に自分の臭いが迷惑がられているのではないかと緊張して精神的発汗に発展することもあるかと思われます。
また、妊娠前の体質と変わるという人も多く、以前よりも汗が出やすくなったりすることもあり、体質が変わるということは汗にも変化が出ることでもあるので、汗の質も妊娠前に比べると変化が見られることもあります。
しかし、ホルモン分泌が安定し授乳期間が終われば徐々に臭いもなくなってくるとされていますので、今のうちのことだけだと考えてあまり気にしないのも一つの手段です。
ただ、もともとワキガ体質であり出産によってそれが解放された場合にはそのままスソガになってしまうことも考えられます。
実は、アポクリン腺の数というのは生まれつきのもので、もともとアポクリン腺がたくさんあるという人はワキガやスソガになりやすいともいえます。
そのため、もしワキガ体質だった場合には出産後授乳期間が終わっても臭いが軽減することがなくなる可能性もあるので、しっかりと臭い対策を行っていく必要があるといえるでしょう。
あまりにひどい場合には、医療機関で治療を受けることもできますので一度相談してみるのも良いといえます。
たとえ出産したからといって、すべての人が臭いがきつくなってそのまま体質となることはありませんので、日頃制から清潔して通気性の良い下着を身に付けることを心がけて妊娠中や出産後にスソガにならないように意識して過ごしていくことをおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

スソガは治る!?スソガ治療について

NO IMAGE

女性のスソガをベッドに入る前に見破る方法

NO IMAGE

スソガにはアンダーヘアの脱毛がおすすめ?

NO IMAGE

スソガは手術で治るの?悲しいほどツライ体の悩み

NO IMAGE

スソガに効果の高い電気凝固法のメリット、デメリット

NO IMAGE

スソガがうつる!?スソガが感染するのか