スソガがじゃなくてもアソコは臭う?

アソコが臭うのでスソガを疑ってしまう方は多いですが、デリケートゾーンは他の部位より臭いが強いものです。
ワキや耳の後ろの臭いが特に強いのと似ており、もともと非常に臭いの強い部位なのです。
そのため自分ではスソガと思っていても、実際はそうではないケースも多々あります。
臭いが強くなりやすいのは、非常に通気性が悪いことが一つの理由です。
股の部分は空気が流れにくいので、非常に蒸れが発生しやすいのです。
存在する汗腺もワキと同じアポクリン汗腺なので、体臭の中でも相当に強烈な臭いを発します。
また性器があることも臭いの原因となり、特に入浴回数が少ない方は注意しましょう。
アソコを清潔に保つためには、1日1回の入浴が必要でしょう。
汗が少ない日は入浴は不要と考える方もいるでしょうが、自分が思っている以上に体臭は発生しています。
体臭は発生してしまうと、臭いを消すのが非常に難しいのです。
デオドラントは臭いの発生を抑えることは得意ですが、臭いを消すのは不得意としています。
臭いを発生させないためには汗と雑菌を落とすことが大切なので、毎日入浴してアソコを洗っていきましょう。
洗うタイミングは湯船に浸かった後であり、最も汚れが落ちやすいタイミングなのです。
汗には皮脂も含まれており、ワックスのように肌に張り付いています。
シャワーを浴びても汗臭さが残るように、汗や雑菌は完全に落とすことはできません。
臭いが残っている状態でデオドラントを使用しても、本来の効果を得ることは難しいでしょう。
消臭の基本は毎日の入浴なので、ここは欠かさずに行いましょう。
ただ湯温が熱すぎると、湯上り後にすぐに発汗してしまうので注意が必要です。
入浴後の汗はサラサラしていますが、時間を経過するとベタベタに変化していきます。
臭いの元となる汗を減らすためにも、熱すぎる風呂は避けたほうがいいでしょう。
ぬるめの湯でも十分に温浴効果を得られますし、体の汚れも落とすことができます。
体を温めるだけの目的なら半身浴も効果的ですが、体臭予防なら全身浴のほうが好ましいです。
デリケートゾーンとワキは特に臭いやすい部位なので、しっかりと汗を落としていきましょう。
入浴後は最も肌が乾燥するタイミングですが、保湿をすれば問題ありません。
入浴をせずに汗を残しておくことが最もいけないのです。
汗に対してデオドラントを使用しても、消臭効果を発揮できません。
臭いをある程度ごまかすことは可能ですが、デリケートゾーンは特に臭いが強烈なので不快臭は残ってしまうでしょう。
汗には塩分が含まれているので、毎日除去しないと肌がかゆくなってきます。
かゆみを放置しておくと、ポツポツや炎症の原因となりますし、就寝中に掻きむしることになりかねません。
掻きむしった部位はさらに肌荒れがひどくなるので、就寝前には必ず入浴して汗を落としておきましょう。
デオドラントを塗るタイミングは、入浴して肌が乾燥したときです。
一人暮らしなら衣服を着用せず、乾燥を促すのもよいでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

こんな臭いだったら気をつけたい!スソガの臭い

NO IMAGE

スソガは治る!?スソガ治療について

NO IMAGE

スソガにはアンダーヘアの脱毛がおすすめ?

NO IMAGE

スソガがうつる!?スソガが感染するのか

NO IMAGE

スソガは手術で治るの?悲しいほどツライ体の悩み

NO IMAGE

出産すると臭いがきつくなる?もしかしてこれってスソガ?