スソガに効果の高い電気凝固法のメリット、デメリット

スソガの治療法として、かなりの効果が期待できる方法として、電気凝固法というものがあります。
元々がスソガの治療法としてではなく、永久脱毛をするための手術として行われていたものです。
どのように施術をするのかというと電極とつながった針で臭いの原因である汗を分泌するアポクリン汗腺を凝固するというものです。
凝固するということは、アポクリン汗腺から汗が流れなくなるので、根本から問題を解決する事ができます。
なお、この電気凝固法には二種類あり、永久脱毛の時と同様に、毛穴に針を刺して電気凝固を行う方法と、脇の端から針を差し込んで、複数のアポクリン汗腺を含めた皮下組織をまとめて凝固させてしまうというものです。
なぜ、このように種類が異なるのかというと、毛穴に差し込む方法には、アポクリ汗腺の凝固が不十分となるケースが出るからです。
また、アポクリ汗腺が多かったりすると、毛穴に差し込んで周囲のアポクリン汗腺を凝固させていくといのでは、効率が悪くなります。
それに対して、皮下組織に針を差し込む場合には、毛穴の凝固はせず、皮膚の下でアポクリン汗腺をまとめて刺して凝固させることができるので、凝固してない部分を極力抑える事ができます。
それに使用する針は、毛穴に入るサイズではなく、より長く太いものですから、流す電流の強さも強い雄です。それによりスソガの程度が強い人でも、安心して治療をする事ができます。
では、これら電気凝固法を用いた時のメリットとデメリットについて簡単にまとめていくと次のようになります。
まず、メリットは針を刺すことはあっても、メスで切開するものではありませんから、目立った手術痕が残ることはありません。
痛みを気にする方もいますが、手術をするにあたっては局所麻酔をかけるので、痛みを感じることはありません。
手術をするときには、その後施術した場所が腫れたり、風呂にはいることができなかったりと日常生活に支障を来す時間があります。
それをダウンタイムというのですが、傷は小さいですから、そのダウンタイムも短くて済むのです。そうなれば、仕事や学校などに支障を来す恐れも小さくなります。
それから、他の悩み、ムダ毛処理、多汗症などの解決も一度に出来ます。
対して、デメリットは何かというと、手術の概要で説明したとおり、毛穴に針を刺すやり方の場合には、症状の程度によっては期待したほどの効果が出てきません。
回数を重ねていけば、それなりの結果が出ますが、そうなれば費用負担が大きくなります。
スソガの治療というのは保険適用外ですから、全額自己負担です。
1回あたり約10万円程度の負担となりますので、繰り返しの施術は難しくなります。
それから、アポクリン汗腺の凝固は、永久に続く保証はありません。
年月が経過して、再びアポクリン汗腺から汗が流れるようになったら、再手術ということになります。
前述のように1回あたりの費用が高いので、スソガを抑えるための維持費用はそれなりに必要となります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

スソガにはアンダーヘアの脱毛がおすすめ?

NO IMAGE

スソガ、スソわきが、男性の場合

NO IMAGE

スソガがじゃなくてもアソコは臭う?

NO IMAGE

スソガは治る!?スソガ治療について

NO IMAGE

女性のスソガをベッドに入る前に見破る方法

NO IMAGE

スソガがうつる!?スソガが感染するのか