女性のスソガをベッドに入る前に見破る方法

スソガをベッドに入る前に見破る方法はそれほど難しいものではありません。
基本的に、スソガはわきがと同じ臭いが陰部からすることを意味しますので、わきがを発症させている人は基本的にスソガも発症させている可能性が高くなります。
これは、生まれつきの身体的な状態で決まっていますので簡単に見極めることが出来ます。
基本的に、わきがのような悪臭がするのはアポクリン汗腺という汗腺から普通とは違う汗が出てきてしまうからです。
この汗の中には普通の生活の中では出ない成分が含まれており、その汗が出ると強烈な臭いを発生させます。
臭いが日常的になってしまうと本人がその匂いに気づくことができなくなってしまいますので、その点は非常に注意が必要です。
本人や周囲の人間がはっきりとこの症状を発症させていることを把握するためには、まず臭いとともに着色が存在するかを確認しておく必要があります。
スソガにしろわきがにしろ、含まれている成分には大きな違いは存在しませんので、その汗の成分が服に着色すると服の色に変色が起こります。
具体的には、黄色い偏食になりますので目で見ればすぐに確認することが可能です。
スソガかどうか気になった時には、脇の部分の汗を確認することと、相手の女性の下着を確認することでより確実に症状を把握することが出来ます。
では、そもそもなぜ生まれつきの症状であるとわかるのかというと、悪臭のもとになっている臭いの因子というのは遺伝によって両親から子供に対して受け継がれるからです。
こうした遺伝的な性質のことを優性遺伝と一般的に言います。
優性遺伝は、字だけを確認すると優秀な遺伝子が子供に対して受け継がれてしまうように誤解をしてしまう人も多いのですがそうではなくて、身体にとってあまり好ましくない遺伝子であっても優先的に子供に対して受け継がれてしまうことを意味します。
悪臭の遺伝子に関しては、片親がその因子を持っていたケースでは約半分の確率で、両親がともに因子を持っていたケースでは8割から9割の確率で子供に対して因子が遺伝されてしまいます。
そのため、わきがで悪臭が出ている人は高い確率で陰部からも悪臭がしている可能性が高くなってしまうわけです。
実際に、こうした遺伝的な性質は世界中でも表れていて、特に欧米の人は7割から8割の人がこうした臭いの遺伝子を持っていることがわかっています。
それと比較すると日本人は遥かに少ない方です。
陰部の対策に関しては、デリケートゾーンということもあって実際にベッドに入る時にはその部分を洗ってしまえば行為の際に臭いがきつくなることを防ぐことが出来ます。
ただ、多汗症患者そうであるように、汗をよく出してしまう人であるのならば陰部の周辺にも相応の汗が出てしまうことになるので行為中も臭いがきつくなることもあります。
そうしたことを見破るためには、やはり最初から相手の女性のわきがなどの情報をしっかりと仕入れておく必要があるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

スソガにはアンダーヘアの脱毛がおすすめ?

NO IMAGE

スソガがじゃなくてもアソコは臭う?

NO IMAGE

スソガ、スソわきが、男性の場合

NO IMAGE

スソガは治る!?スソガ治療について

NO IMAGE

スソガに効果の高い電気凝固法のメリット、デメリット

NO IMAGE

スソガは手術で治るの?悲しいほどツライ体の悩み